NMPA
Cosmetic
中国
衛生許可

NMPA申請資料
——
どんな資料が必要ですか?
注意事項とか何ですか?
1)申請会社
情報表
2)成分表
3)パッケージデータ
5)品質証明
6)自由販売証明書
4)製造プロセス
申請会社から
準備が必要な資料
1)申請会社情報表はどのように作成しますか?
申請会社会社名申請会社住所製造会社(OEMのみ)中国国内責任会社
日本語日本語英語会社名と住所中国語会社名と住所
英語英語日本語会社名と住所英語会社名と住所
中国語中国語

連絡人


確認事項:

1)日本語会社名と日本語住所はサンプルパッケージと一致していますか?

2)OEMの場合、製造会社の会社名と住所はサンプルパッケージとISO or GMP or 化粧品製造許可証、自由販売証明書と一致していますか?

3)中国国内責任会社の会社名と住所は中国営業許可書と一致していますか?


以上の確認事項はNMPA申請中大事な内容ですので、厳しいチェックが必要です。

案例:

1)申請会社の住所がサンプルと一致していないため、パッケージ変更或は授権書再公証が必要

2)製造会社のパッケージ住所と証明資料が違うため、追加説明資料が必要

3)中国国内責任会社の住所が営業許可書と違うため、授権書再公証が必要

…この以外にも解決方法がないので、始めてから再開始する可能性もあります。


資料1:NMPA化粧品申請会社情報表

(資料はお問い合わせ後メールで発送致します。)

2、成分表はどのように準備しますか?

弊社では正式な依頼前に無料で成分チェックを行っております。

確認内容:

1)中国国内で使用記録がない成分があるかどうか?ー>事前調整ができます。

2)追加テストが必要な成分があるかどうか?ー>正しいお見積金額が精算できます。

3)品質証明資料が必要な成分があるかどうか?ー>追加分析資料が必要な成分確認ができます。

*限用成分があるかどうか?ー>これは正式な依頼後使用量まで含めている復合成分表が届いたら分析できます。


資料2:無料NMPA化粧品成分提示フォーマット

(資料はお問い合わせ後メールで発送致します。)


資料3:復合成分表見本

(資料はお問い合わせ後メールで発送致します。)




3、パッケージデータの事前検討

弊社では正式な依頼後サンプル発送前にパッケージデータチェックを行っております。

確認内容:

1)中国国内で使用禁止の内容があるかどうか?ー>日本語パッケージの漢字の部分、例えば「**を含まない」、「殺菌」…

2)パッケージの全成分と復合成分表が一致しているかどうか?

3)追加証明資料が必要な内容があるかどうか?ー>例えば「100%日本国産」

解決方法:中国市場向けの専用パッケージイメージを追加して提出


資料4:NMPA化粧品パッケージ検討報告書

(正式な依頼後検討してからメールで発送します。)


4、製造プロセスはどのように作成しますか?

弊社では正式な依頼後製造プロセス見本を提供します。

製造プロセスの注意事項:

1)製造プロセス中成分の組合はNMPAシステムでの順番でABC...変更が必要です。この順番はNMPA ID&PW発行後システムに成分表を入力してから発生しますので、弊社からの成分表をお待ちしてください。(成分表入力後システムで自動的に順番が発生します)

2)プロセス中加熱処理か冷却処理は温度記録が必要です。

3)簡易図面とプロセス説明は一致しているか?成分の表示が復合成分表と一致しているか?チェックが必要です。

4)最後品質テスト、包装まで順番的に表示が必要です。


資料5:NMPA化粧品製造プロセス見本

(正式な依頼後メールで発送します。)


5、品質証明資料

弊社では正式な依頼後復合成分表を検討してから品質証明資料が必要な成分を提出します。

説明:

1)復合成分表に(動物)成分がある場合、日本での動物由来証明、動物使用許可証明、品質証明の追加が必要です。

2)中国で使用限量要求がある成分或はリスク分析が必要な成分は品質証明資料が必要です。例えば「TRIETHANOLAMINE」成分…

3)OEM生産の場合、OME契約書と製造会社のISO、GMP或は化粧品製造許可証の原本或は原本とコピー本が一致している公証が必要です。


資料6:NMPA化粧品品質証明見本

(正式な依頼後メールで発送します。)


6、自由販売証明書発行

自由販売証明の発行日本化粧品工業連合会までお問い合わせてください。

注意事項:

1) 自由販売証明での製造会社の会社名と住所がサンプルパッケージと一致しているかどうか?

2) 自由販売証明での商品名がNMPA商品情報と一致しているかどうか?

3)自由販売証明に問題があって再発行が必要な場合は発行済みの原本の返すが条件になります。複数の商品を一枚で発行する場合、全部資料の正しさチェックが大事です。もし一部の商品の審査資料として原本をNMPAへ提出した場合返すのはできません。

4)自由販売証明書式は普通よく使うのは日本化粧品工業連合会の書式3日本語版です。この以外にも日本でもう販売されている追加証明が必要です。


資料6:NMPA化粧品自由販売証明見本

(正式な依頼後メールで発送します。)


7、その以外の資料

その以外にも必要な資料はいろいろあります。

1)授権書公証

2)代理サイン委託書公証(必要によって)

3)製品品質標準書の捺印

4)申請書とリスク分析資料のサイン

この部分は弊社で見本を提出しながら説明致します。


資料7:NMPA化粧品授権書見本

資料8:NMPA化粧品代理サイン委託書見本

資料9:NMPA化粧品製品品質標準書見本

(正式な依頼後メールで発送します。)


豊富な経験とノウハウ蓄積しています。
衛生許可に関する全ての内容が整理しております。(1)
02 化粧品の種類
03 どのような化粧品はCFDA許可が必要ですか?
04 CFDA審査手続

CFDA COSMETIC

cfda@cfdacosmetic.com